アコースティックギターリペア工房 "woodyblues"  電話090-6762-5039 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  lawブログ blog

HOME << ブリッジ交換

 

 

ブリッジ交換30,000円〜  通常納期 1週間

 

 

リッジ交換は、ブリッジの割れや材質変更の場合、さらにはブリッジの厚みがかなり薄くなった場合等に行います。既製のブリッジで交換できる場合が少なく、殆どの場合は手造りで作ることになります。ネックとの関係でオリジナルを基本に、厚みの調整が必要な場合が多く、調整は慎重さが求められます。ブリッジを剥がす際には、ブリッジ周辺をマスキングして本体にキズが付かないよう配慮します。取外しは熱したヘラを使い少しづつ剥がしてゆきます。慌てて力任せに進めると、表板の木もブリッジに付いてきてトップ表面の状態が非常に悪くなりますので、慎重に行います。

 

ブリッジ交換の場合は、材質を変更して取付け直す場合があります。今となってはめずらしいですが、ギブソンギターの中にはプラスチック製のブリッジがあり、これをローズウッドのブリッジに変更をすることもあります。他の場合はブリッジの割れが起こった時に同じブリッジを作り直す場合があります。

 

この例は、Gibson B-25のプラスチックブリッジをローズウッド材に変更しています。ブリッジ自体が小さめで、このままでは剥がれ易いため、ダボ穴が4つあり補強がされています。新たに作成したローズウッドブリッジもこのダボ穴に対応したものにしました。このダボがあることによってブリッジ剥がれがかなり防げます。加工は大変ですが、小さいブリッジには有効な方法と言えます。

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

 

これは、みごとに2つに割れてしまったたブリッジです。ギターは新品に近いものでしたが、ほぼ同じブリッジを作り直して取付けしました。ドット入りのブリッジは特殊ですので、手作りとなりました。

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

 

特殊な形状のブリッジが剥がれましたが、横から通すタイプでしたので、ブリッジピンを下に指して弦を止めるタイプに変更しました。今までのタイプでは今後も剥がれる可能性が高いので、今回の変更となりました。

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

 

MartinO-18 1953年のハカランダロングサドルブリッジが突然裂けたので、一旦ブリッジを剥がすことになりました。 剥がれ方については、時間を掛けて少しずつ表板からはがれてゆく場合と、ある時いきなり裂けたり飛んでいったりします。ハカランダロングサドルブリッジは既製のブリッジにはないので、オーダーで作成し直しました。

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

ブリッジ交換

 

 

 

 

HOME << ブリッジ交換      

 

 

 

 

 


 

 

 


Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

Acoustic Guitar@parts.net

 

 

 

お問い合せ
フォーム