アコースティックギターリペア工房 "woodyblues"  電話090-6762-5039 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  lawブログ blog

HOME << 塗装

 

 

塗装

 

 

再塗装

ギターの塗装としては部分塗装・全体塗装などがあり、塗料にもさまざまな種類があります。まずは電動サンダーを使って塗装剥がしを行い、生地を整えてから再塗装を実施します。ウレタン・ポリエステル仕上げの場合はかなりの粉じんが飛び散りますので、マスク等が必要です。剥がす時の注意点は、剥がし過ぎると生地も削ってしまい、装飾まで消してしまう可能性がありますし、合板の場合は生地の柄が変わってしまいますので、削り過ぎに注意します。

 

塗装

 

 

 

塗装  

 

ウレタン塗装されているギターの塗装を一旦削り取り、オイルフィニッシュします。ウレタンを剥がす途中です。電動サンダーや手作業で塗装を落としてゆきますが、慣れないと削り過ぎて生地調整が困難になります。又、最悪の場合、パーフリングやロゼッタなどが消えてしまいますので、塗装は剥がしは慎重さが求められます。

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装  

 

 

汗などでラッカー塗装がはげてしまったマーチンギターのネックです。今回はオイルを使ってみましたが、意外とラッカーになじんで自然な仕上がりとなりました。ネックなどのマット仕上げにはオイルフィニッシュとの相性も良いようです。

 

塗装

 

 

 

塗装

 

ギルドのオールマホ仕様ギターをオイルフィニッシュで再塗装です。ビンテージ感がましました。特にマホガニー素材やローズウッド素材にオイルを使うと深みが増して、とても良い仕上がりになります。半艶ならばオイルフィニッシュがベストと思われます。

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装  

 

シェラック塗装の剥離があちこちにみられます。一度はがして再度セラック塗装を行います。前のシェラックの接着具合が少し弱いのか、剥がれが目立ちます。手作業で行う場合は力を掛けてしっかりと塗り付けることが重要です。但しとても手間が掛かりますので、重労働と言えます。

 

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装 

 

トップ板のセンターに補修跡が残り、これを隠すために赤めの塗装を施します。おおまかには前の塗装が剥がされていましたので、簡単に生地調整を行った後、赤系ラメのラッカーを何回も吹きつけます。補修跡が完全に消えるまでには、かなり厚めの塗装となりましたが、おとにはさほど影響がなかったので、一安心です。

 

 

 

塗装

 

 

 

塗装 

 

 

塗装   

 

塗装剥離が見られるギターの再塗装です。クラックが多くあり、見た目がかなり悪くなっています。本来の方法ではありませんが、簡易的にクラックの上から流し込むような感じでラッカー補修を実施しました。

 

 

 

 

 

HOME << 塗装

 

 

 

 

 

 


 

Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

Acoustic Guitar@parts.net

 

 

 

お問い合せ
フォーム