アコースティックギターリペア工房 "woodyblues"  電話090-6762-5039 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  lawブログ blog

HOME << はがれ補修

 

 

 

主なはがれとしては、ブリッジはがれ、ブレースはがれ、ピックガードはがれ、などがあります。それぞれの箇所のはがれ処理については、共通する注意事項として周辺に新たなキズが発生しないようマスキング等行い慎重に実施します。接着剤については、今後再修理やはがしが発生しうる箇所にはニカワ又は水性タイトボンドを使用します。今後再修理の必要がない箇所にはエポキシ系ボンドを使用します。必要に応じて色調整も行いながら、修理箇所が出来るだけ目立たないように処理します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経年変化に依り、ピックガード周辺が縮んで剥がれたり、トップ板が割れたりした場合は、剥がれた箇所に接着剤を付け「当て木」をしてクランピングを行います。1回できれいに全ての箇所が接着出来ない場合は、接着箇所を分けて綺麗に接着が出来るように配慮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディ内部のブレーシングはがれもよく起こります。ボディを軽く叩いてビビり音があれば、まず間違いなくどこかがはがれています。ここの接着はサウンドホールからの処理となり、作業的にはやりにくく補修箇所を探りながらの作業となる場合が多いです。接着剤を付ける際にも接着剤がのはみ出しが多くなる場合がありますが、必要に応じてマスキングテープなどでマスキングを施してから実施します。クランプをする場合は専用のクランプを使って接着します。

 

 

 

 

 

  

 

これは剥がれというよりはヒビ割れと言ったほうがよいかもしれませんが、これほど気持ち良く裂けているのもめずらしいです。ここまでの状態ですと完全に裂けているのでブリッジを作り直したほうが良いと判断する場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

ヒールのはがれは難易度の高い修理です。力がかなり掛かっている部分なので、しっかり接着しないと、再びはがれてしまいます。ボルト等で補強しながらの作業となります。

 

 

 

 

 

 

 

ペグ交換やブッシュを外す時に木が持ち上がってはがれを起こします

 

 

 

 

 

 

 

ブリッジが完全に剥がれてしまっています。この場合はブリッジをピンタイプに変更して再作成となりました

 

 

 

 

 

軽いものではピックガードのはがれもあります

 

 

 

 

 

これはブリッジのはがれ( 浮き )できたギターです。ブリッジが僅かに浮いています。

 

 

HOME << はがれ補修

 

 

 

 


 

Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

Acoustic Guitar@parts.net

 

 

 

お問い合せ
フォーム