Morris TF-820 トップ補強

Morris TF-820はトップ割れ接着に続いて割れ部分の補強作業です。

スプルース材で補強パッチを製作し、強力マグネットを使用して裏側に接着します。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月23日 / Morris, リペア / 0 Comments

Morris TF-820 トップ割れ

Morris TF-820のトップ割れ修理を承りました。

ブリッジ後ろからエンドにかけて縦に割れが発生しています。

割れ部分の汚れを除去した後、タイトボンドをすり込んで隙間を埋めます。

乾燥を待って塗装のタッチアップ作業に入ります。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月21日 / Morris, リペア / 0 Comments

Gibson J-45 ブリッジ接着

Gibson J-45のブリッジ浮きリペア続きです。

剥がしたブリッジの底面をボディの膨らみに合わせて削り、再接着を行いました。

このまましばらく置いて接着剤の硬化を待ちます。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月18日 / Gibson, リペア / 0 Comments

YAMAHA L-53 タッチアップ仕上げ

YAMAHA L-53のタッチアップ作業続きです。トップの補修部分を艶あり、バックの補修部分を半艶に仕上げます。

特にバックの艶感を合わせるのに苦労しました。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月16日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

YAMAHA L-53 バックタッチアップ

YAMAHA L-53 のバック割れリペア続きです。

割れ部分の塗装タッチアップを行いました。ラッカー塗料を盛り重ねて傷を埋めていきます。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月14日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

YAMAHA L-53 トップタッチアップ

YAMAHA L-53のリペア作業続きです。

トップ割れの補強を行ったのち、塗装のタッチアップを施しました。

塗装塗布後、表面を均し周りと同じように艶出しして仕上げます。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月9日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

Ovation C779 LXトップ割れ

Ovation C779 LXのトップ割れ修理を承りました。

ブリッジ下からボディエンドにかけて割れが発生していますのでタッチアップ作業を行っていきます。幸い塗装のみの割れのようです。

タッチアップ作業に入る前に割れ部分の黒っぽい汚れを除去します。スチームを当てて汚れを浮かしつつ、デザインナイフなどを使用してできるだけ取り除きます。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月7日 / Ovation, リペア / 0 Comments

YAMAHA N-1000 打痕補修

YAMAHA N-1000の打痕補修をご依頼頂きました。

トップやサイドに数か所打痕が見られますので、全て修理します。

ラッカーを塗り重ねて打痕を埋めていきます。木部に達しているものは、下地→上塗りと段階的に塗り重ねます。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月2日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

Gibson J-45 ブリッジ削り、タッチアップ

Gibson J-45のブリッジ剥がれリペア続きです。

接着時に隙間が発生しないよう、ブリッジの底面をボディの膨らみに合わせて削ります。

完了後は、ブリッジ再接着より先にトップセンターのクラックをタッチアップします。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年5月1日 / Gibson, リペア / 0 Comments

K.Yairi YW-1000 ブリッジ浮き

K.Yairi YW-1000のブリッジ浮きリペアを承りました。

紙一枚分ほどの隙間が広範囲に見られますので、一度ブリッジを剥がして再接着を行います。

ブリッジ全体に熱を加えて接着剤を軟化させ、ヘラを差し込んで剥がします。

無事剥がれました。この後接着面を整えたのち、再接着を行います。

 

担当:金子

Woodyblues / 2018年4月27日 / K.Yairi, リペア / 0 Comments

1 2 3 81