Rider R-600 ピックアップ取付

Rider R-600は、L.R.Baggs iBeam Activeの取り付けも行います。

エンドピンを外し穴を拡げ、エンドピンジャックを取り付けます。

ピックアップ部分は付属の治具を使ってブリッジプレートに貼り付けます。

その他コントロールと電池ポケットも貼り付けて完了です。

Kaneko / 2019年7月12日 / Rider, リペア / 0 Comments

Martin D-18 ネックオーバーラッカー等

Martin D-18のリペアをご依頼いただきました。

ネックグリップの細かいクラックが気になるとのことですので、オーバーラッカーを施してクラックを消す作業を行いました。

表面を足付けした後、粘度低めと通常粘度に希釈したラッカークリアを交互に吹き付けてクラックを消しつつ、ネック全体をオーバーコートしました。

その他ナット交換や弦高調整、ボディのバインディング浮き補修を行って完了です。

Kaneko / 2019年7月5日 / Martin, リペア / 0 Comments

Rider R-600 弦高調整・ブリッジ削り

Rider R-600のリペア続きです。弦高がやや高いためサドルとブリッジを削って調整します。

サドルは上面を削って高さを落とし、オクターブピッチに合わせてサドル山を削り出します。

ブリッジは、サドルの露出域を確保するため表面を削って厚みを整えます。

作業後のブリッジとサドルです。

作業前の弦高は、12フレットで6弦3.0mm、1弦2.3mmとやや高い状態でしたが、調整により標準の弦高の6弦2.5mm、1弦2.0mmにすることができました。

Kaneko / 2019年6月21日 / Rider, リペア / 0 Comments

Martin D-28 ブリッジ削り

Martin D-28のリペア続きです。サドルの露出域を確保するためブリッジの厚みをやや落とします。

作業前のブリッジです。

サンダーで大まかに落とし、手研磨で整えて作業完了です。

Kaneko / 2019年6月12日 / Martin, リペア / 0 Comments

Jumbo F-25 弦溝切り・サドル交換

Jumbo F-25のリペア続きです。

ブリッジピン穴に弦溝を切り、弦のサドルへの進入角度を調整します。

鋸で切り込みを入れたのち、やすりで整えます。

サドルはオイル漬けの牛骨材で作製致しました。弦高は12Fで6弦2.5mm、1弦2.0mmに調整します。


Kaneko / 2019年6月3日 / Jumbo, リペア / 0 Comments

Martin D-28 ナット交換

Martin D-28はサドルに続いてナットも交換致します。

元のナットを外し、溝のクリーニングを行います。

サドルと同じくオイル漬けの牛骨材で作製致しました。弦溝を適正な深さに切り、表面を整えて完了です。

Kaneko / 2019年5月21日 / Martin, リペア / 0 Comments

Martin D-28 サドル交換

Martin D-28は続いてサドルの交換を行います。

元のサドルは樹脂製の物が付いていましたが、オイル漬けの牛骨材で新しく作製致します。

サドルの上面のカーブを指板Rに合わせ、オクターブピッチが合うよう頂点を削り出します。

Kaneko / 2019年5月9日 / Martin, リペア / 0 Comments

YAMAHA FG-440 作業完了

YAMAHA FG-440の続きです。最後に全体的にクリーニングを行い弦を張って全ての作業が完了です。

リペア前は12フレットで5mmもあった弦高ですが、リペアによって標準の弦高(6弦2.5mm、1弦2.0mm)まで落とすことができました。

Kaneko / 2019年5月8日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

Jumbo F-25 フレットサイド処理

フレット打ち後のJumbo F-25は、はみ出た部分をカットし、やすりでサイドを面取りします。

面取り後はフレットサイド用のやすりで角を丸めます。

Kaneko / 2019年5月7日 / Jumbo, リペア / 0 Comments

Rider R-600 ネックアイロン矯正

RiderのR-600は続いてネックの順反りとハイ起きの調整を行います。

アイロンでネックに熱を与え、クランプで力を加えて矯正を行います。様子を見つつ何回かに分けて行います。

Kaneko / 2019年5月2日 / Rider, リペア / 0 Comments

Rider R-600 センターシーム浮き

ジャパンビンテージなRider R-600をお預かりしております。センターシームに浮きが発生しておりますのでリペアを行います。

浮き部分にタイトボンドを流し込み、内側からのジャッキアップと外側からのクランピングで固定します。

このまましばらく置いて乾燥を待ちます。

Kaneko / 2019年4月30日 / Rider, リペア / 0 Comments

Jumbo F-25 フレット打ち

Jumbo F-25のフレット交換続きです。指板調整後は、新しいフレットの打ち込み作業です。

フレット溝をクリーニングし、ミディアムサイズのフレットを打っていきます。

Kaneko / 2019年4月26日 / Jumbo, リペア / 0 Comments

YAMAHA FG-440 ピックアップ取付

YAMAHA FG-440はL.R.Baggs Lyricの取り付けも承りました。

元のエンドピンを外し、12mmの穴を開けてエンドピンジャックを取り付けます。

お客様のご希望で、コントローラーはサウンドホール真上から見えない位置に付けてほしいとのことでしたので、木片を貼って高さを調整し、通常よりやや奥に貼り付け致しました。

その他マイクやバッテリーポケット等を取り付けて完了です。

Kaneko / 2019年4月24日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

YAMAHA FG-440 サドル交換

YAMAHA FG-440はナットに続いてサドルも交換いたしました。

牛骨材で作製し、弦高は12Fで6弦2.5mm・1弦2.0mmに調整しています。

Kaneko / 2019年4月22日 / YAMAHA, リペア / 0 Comments

Jumbo F-25 指板調整

JumboのF-25をお預かりしております。12フレットジョイント、スロテッドヘッドのニューヨーカータイプになります。フレット交換やナット・サドル交換等を承りました。

フレット交換から着手します。フレットの摩耗が激しく、交換が必要な状態でした。

指板のチップを防ぐため、レモンオイルを指板全体に塗り、半田ごてフレット表面を温めて元のフレットを抜きます。

フレットを全て抜いた後はサンディングで指板表面を整えます。

Kaneko / 2019年4月19日 / Jumbo, リペア / 0 Comments

1 2 3 61