アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ブレースの形を整える

 

 

ブレースの形を整える

 

■ 作業時間  
約2時間

 

■ 使用用具
のみ、ミニかんな、サンドペーパー  

 

■ ポイント
高さの調節は慎重に。削り過ぎると強度が落ちてブリッジがはがれてしまいます。

 

 

ブレースが裏板に接着されたら、次にブレースの形を整えます。マーチンなどの基本形はトンネルの上がとんがった形とでも思って下さい。ブレースの上部の側面から少しづづミニかんなで削っていきます。削るパターンはいろいろありますが、私の所有している1949年製のマーチンO-15をモデルにしますと、ブレースの端に向かって僅かに低くなっています。

 

端から5cmくらいのところから5mm程度削ってあります。このあたりの削り具合は好みでよろしいかと思います。お持ちの気に入ったギターがあれば、それを真似てもいいかと思います。但し、高さを調節する時は、削り過ぎないように慎重に行いましょう。はじめはあまり削らないようにした方が良いかもしれません。

 

私は削り過ぎて、ブリッジのはがれを何度も経験していますので、どのくらいが適当かをほぼ理解しているつもりです。音質には表板のブレースの方が影響が強いですので、裏板側のブレース形状はあまり神経質にならなくてもいいでしょう。形が整ったら#240のサンドペーパーで仕上げをします。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ブレースの形を整える

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部


 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム