アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << 型枠に固定する

 

 

型枠に固定する

 

■ 作業時間
約2時間

 

■ 使用用具
型枠、クランプ、当て木

 

■ ポイント
型枠と側板の隙間がないようにしっかり固定します。そのための補助として当て板を側板に当てます。固定する直前に側板を水に十分濡らし、温めておきます。

 

 

側板がうまく曲がったら、次に側板を型枠に固定して形がくずれないようにします。準備物としては、型枠と当て木(2cm X 12cm X 1.5cm)とクランプがあります。固定する直前に側板をアイロン等で温め水を十分に含ませておくと、よりしっかり固定できます。さて、まず本体のくびれの位置に印を付けます。この印は、型枠と側板の両方に付けます。この位置を中心に約15cm間隔で固定してゆきます。

 

側板の内側から当木をして、クランプで留めてゆきます。この時、型枠と側板は隙間なくぴったりと固定します。ぴったりと固定するためには、前の工程できっちり側板を曲げておくことが大切です。曲げが不十分な状態で固定しても、枠通りの形にならず、補正もむづかしくなります。固定する段階では、側板の幅と同等かそれ以上の長さがある「当て木」を使い、しっかり固定することが大切です。

 

ゆがみなく固定するためには十分な長さの当て木が必要です。カーブがきつい箇所は、カーブに合わせて当て木もカーブさせておきます。側板を型枠に留めたら1日置いておきます。側板の上下の合わせは多少重なっていても構いません。ブロックをつける時点でカットしますので、この段階では側板が重なっていても問題ありません。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << 型枠に固定する

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム