アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ヘッドブロックを作る

 

 

ヘッドブロックを作る

 

■ 作業時間
約2時間

 

■ 使用用具
のこぎり、のみ、かなづち、サンドペーパー

 

■ ポイント
ヘッドブロックの高さはギター本体の厚みを決定しますので、それを考慮してあらかじめ決めておきます。

 

 

板を貼り合せる方法は、表板の貼り合わせの場合と同じです。違いと言うと板のブロックと呼ばれるものには2種類あり、ヘッドブロックとテイルブロックがあります。ヘッドブロックはネックのジョイントを行う重要な役割があり、十分調整をして進めて行く作業となります。まず、ヘッドブロックですが、このブロックの高さで、ギターの厚みが決まります。ギターの厚みは主に残響音に影響します。

 

例えば、厚みが多いギターはそれだけギター内部で音が反響し、深みのある音になります。逆に厚みが少ないギターは、反響が抑えられ、シンプルですっきりしたトーンになります。私はどちらかと言うと、後者の音が好きでシングルトーンがクリアーで残響音が少ないタイブを意識して作っています。具体的には、ヘッド側で約8cm(マーチンより1cm薄い)エンド側で9.5cm(ここもマーチンより1cm薄い)で作っています。ブロックの横は8cm、厚みは4cmです。

 

つまり、4cm X 8cm X 8cm の材料が必要ということになります。材質はマホガニーが一般的です。ネックとの接合はストレートな長方形の溝を作ります。トラディショナルなジョイントで「ダブテイル」という形もありますが、かなりの熟練者でなければ、うまく形成出来ないでしょう。ダブテイルで作ってみたい人もいるかもしれませんが、もう少し木工技術が上がってからのお楽しみにしておきましょう。

 

もし、どうしてもダブテイルが作りたいのであれば、ヘッド ブロックをマーチンタイプの既製のブロックにして、ネック側だけ自分で形成する方法であれば、比較的うまくいくでしょう。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ヘッドブロックを作る

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム