アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ボディ厚の調整をする

 

 

ボディ厚の調整をする

 

■ 作業時間
約1時間

 

■ 使用用具
カンナ、定規

 

■ ポイント
左右の側板の高さが対称になるように注意します。表板側は高さを一定に、裏板側はテーパー ( 傾斜 ) をつけます。

 

 

側板に表板や裏板をつける前に、ボディの厚みにに関係する側板の幅を調整します。今回のギターはヘッド側で8.5cm、エンド側で9.5cmの厚みを持たせることにしました。ですので、このヘッド側とエンド側の1cmの厚みの違いを、どのようにつけていくかを説明していきます。

 

イメージ的には9.5cmの厚みはエンド側からギター本体のくびれのあたりまで続き、それよりヘッド側は、なだらかに8.5cmにしてゆくことになります。当然ですが、厚みに影響するヘッドブロック、エンドブロックの高さはそれぞ8cmと9cmになっています。これに合わせて側板の高さも8cmから9cmになります。これに表板の厚さ3mmと裏板の厚さ2.5mmが加わって8.5cmと9.5cmの厚みになるということです。

 

では、側板の傾斜は表板側と裏板側のどちらにつけたらいいのでしょうか。又、両方につけたらいいのでしょうか。結論は裏板側で 傾斜をつけます。(傾斜をつけることを「テーパーにする」ともいいます。ご参考までに) 表板側はまっすぐにします。

 

具体的にはまず、側板のエンド側の9cmの高さを、くびれている位置まで持っていきます。ここからヘッドブロックまで、なだらかにテーパーをつけていきます。この時、ラインを引いておくと良いでしょう。横から見て直線状に傾斜するようにします。どこかが 極端なテーパーになると、裏板がへっこんでしまう形になる時が ありますので、全体がなだらかになるようにします。

 

何度も言いますが、この傾斜(テーパー)は裏板側で行います。表板側では行いません。今後、もしギターの厚みを変えたい時は、まず、ブロックの高さを変えて、ネックのヒールの高さを変えれば、あとは側板の高さを変えることで変更できることになります。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ボディ厚の調整をする

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム