アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ペグ穴をあける

 

 

ペグ穴をあける

 

■ 作業時間
2時間

 

■ 使用用具
ドリル、リーマー、当木、サンドペーパー、クランプ

 

■ ポイント
ペグ穴は左右対称にあけます。弦が他のペグに接触しないように注意します。穴がまっすぐに開いていないとペグを取り付けた時に動きが悪くなり、回しにくくなります。

 

 

次はヘッドにペグ穴をあけましょう。ここではヘッド形状はソリッドタイプ、ペグはくルーソンタイプのセパレート型をつけます。まずはペグ穴の位置を決めることになりますが、ヘッドの両端からペグの中心までの長さは12mmとします。ペグ同士の間隔は4mmにします。穴の大きさは取り付けるペグによって多少異なりますし、ヘッドの表側と裏側ではあける穴の大きさがことなる場合があります。ですのでまずは7mmの穴をあけておいてから、リーマーで微調節してゆく手順がベターだと思います。

 

穴をあける位置が決まったら今度はドリルで穴をあけてゆきます。この時いきなり7mmの穴をあけるのではなく、2mm,4mm,6mm,7mmと段階的に大きくしてゆくときれいに仕上がります。チョット面倒かもしれませんが・・・ 又、ヘッドの下には必ず当木をしておきます。電動ドリルを使う時は裏側の穴がきれいに仕上がらないことが多いのですが、当木をすればきれいに出来ます。一度試してみてください。穴があいてもまだ、この段階ではペグは付けません。付けるのは塗装が終了してからにします。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ペグ穴をあける

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部


 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム