アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << フィンガーボードを作る

 

 

フィンガーボードを作る

 

■ 作業時間
2時間

 

■ 使用用具
のこぎり、ハンドドリル、タイトボンド、クランプ

 

■ ポイント
ハンドドリルを回す時は、1回まわす毎に逆の方向にも1回まわす手順で行うと、きれいな円が出来ます。

 

 

ここではフィンガーボードの寸法を決め、ポジションマークをつけるまでを説明します。ネックとボディが接合されたので、次はフィンガーボードを作る工程に移ります。ここでは完全な角材から作成するのではなく、ある程度加工されているものを使います。StewMacで購入した、ギブソンのミディアムスケール628mmのローズウッド材を使います。

 

スケールは628mmでマーチンの0,00,000シリーズと殆ど同じスケールです。指盤表面はなだらかな200Rのカーブが付いています。マーチンスケールは630mmで僅か2mmしか違いません。フレット溝は既に出来ていますので、溝を作る必要はありません。まずはフィンガーボード全体の寸法を決めます。フィンガーボードの上面に中心線を鉛筆で描いておきます。そして幅を決めます。

 

ナット側は45mm,ブリッジ側は14フレットを55mmにします。フレットの数は19フレットか20フレットにします。バランスや好みでフレット数を決めても構わないでしょう。この段階では荒加工で2mm程度大きくしておき、あとで微調整します。厚みは5mmのままにします。鉛筆で幅の長さを描いてのこぎりで切っていきます。

 

次にポジションマークを付けます。一番簡単でしシンプルなドットを埋めます。ドットの大きさは全体のバランスを考えて、直径4mmとします。好みで大きさや数は多少変更しても構いません。ここでは5,7,9,12,14フレットにそれぞれ1個、1個、1個、2個、1個のドットを入れます。中心線を意識しながら、鉛筆で位置を決めポンチで軽くへこませておきます。

 

次にホームセンターにもあるハンドドリルでゆっくりドットの穴を開けていきます。ハンドドリルのビット径はドットの大きさに合わせて4mmを用意します。ドリルの回し方のコツは、つまみを1回まわしたら、逆方向にも1回まわすことです。これをゆっくり慎重にくり返していけば、きれいな円が掘れます。あと、ドリルは真上にあるか、斜めになっていないかに注意します。

 

掘る深さはドットの厚みに合わせます。深く掘り過ぎた時は木くずを詰めて調節します。次にサイドのポジションマークを付けます。つける側は当然ですが、ギターを持った時に見える上側、つまり6弦側だけでいいです。付けるフレットは5,7,9,12、14フレットで中央に入れます。ドットはバー状のもので、埋めてからカットしてゆきます。接着剤はタイトボンドを少量つけてクランプで固定します。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << フィンガーボードを作る

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム