アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ブリッジピン・エンドピン・ピックガード取付け

 

 

ブリッジピン・エンドピン


ピックガード取付け

 

■ 作業時間

1時間

 

■ 使用用具

ナイフ、サンドペーパー、カッター、紙やすり、きり、リーマー

 

■ ポイント

スムーズにピンが入るよう、ブリッジピン側で大きさを調整します

 

 

まず、ブリッジピンをブリッジの穴に差し込んでみて、スムーズに差し込めるかを確認します。サイズが合わなくて差し込めない時は、ブリッジを削って調整します。あまり緩くなり過ぎてもいけませんので、適度な状態、つまりゆるすぎず、固すぎずを目標に進めてゆきます。ピンは頭だけ残して全体が入るまで差し込みます。弦を差し込んでみて最終調整します。次にエンドピンの位置を決めます。ボデイエンドの継ぎ目材の中央にキリとリーマーで穴あけをします。穴はエンドピンより若干小さくしておき、しっかり固定出来るように調整してゆきます。タイトボンドをつけて固定します。

 

ピックガードは色、デザイン共好みのもので構いません。市販されているピックガード用のシートにデザインを描いてナイフで切り、周辺をヤスリでなめらかにします。ガードには接着剤が付いていますので、シートをはがし貼り付けるだけです。これは至って簡単です。セルロイド系が中心ですが、木材をピックガ―ドとするのも面白いかもしれません。ローズウッド又はエボニーを1mmに薄くしたのを付けると、手作り感覚が強調されて面白いとも思います。さあ、ここまででほぼ製作は終了です。あとはフレット、ナット、サドルの調整です。

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << ブリッジピン・エンドピン・ピックガード取付け

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム