アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"  電話 0575-33-0838 メールtop@guitar--parts.net 〒501-3722岐阜県美濃市常盤町2274-6 ギター修理を通じて音楽文化を下支えします

 

リペア実績 resultリペア承り order修理教室 repair lesson製作教室 build lessonアクセス access特定商取引  law修理教室 repair lessonブログ blog

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << 塗装する ( オイル塗装 )

 

 

塗装する ( オイル塗装 )

 

「楽器塗装法」 としてのオイルフィニッシュ

 

一般の木材製品へのオイルフィニッシュは可能な限りオイルを浸透させるのが良いと されています。楽器の場合には音に悪影響のない塗装をする必要があります。 楽器へのオイルフィニッシュはオイルの浸透度合いを極力抑えることが重要となります。 一般の木材製品であれば、浸透を促進させることでより強固な塗装になる、という見解が一般的です。

 

楽器の場合は亜麻仁油の過度な浸透により乾燥が遅れ、音の透明感、明瞭度が低下します。可能な限り乾燥時間が短いオイルを選択し、少量を 塗ったらすぐに拭き取り、オイルの浸透を表面で抑えることがポイントと言えます。

 

@

亜麻仁油は表面に塗膜が出来ないので、塗膜のできるラッカーやシェラックなどと 比較すると当然はがれるものがありません。塗膜を作る塗装の場合は、 塗膜の厚さや仕上がり具合、さらに打痕や経年変化等によっては、はがれ やクラックが生ずる場合があります。

 

A

亜麻仁油は塗膜がない分、木材の風合いがストレートに出ます。ナチュラルでトラディショナルな風合いを好む人には向いた塗装法と言えます。 又、オイルが浸透する関係上、木材の深みが出て塗膜の出来る 塗装にはない自然な仕上がりになります。

 

B

亜麻仁油での塗布回数は平均で10回くらいから深みと艶が増します。オイルフィニッシュ の特性を最大限に出す為には、最低10回は重ね塗りをするのが望ましい と思われます。但し、木材の風合いそのものを重視したい場合は、塗る回数を減らした方がより自然な仕上がりになります。

 

C

塗膜がない分「音」の振動が良好になります。(ラッカー仕上げのギター を再塗装してオイル仕上げをしたところ、音の抜けが向上しました) 塗膜が出来るということは、音が多少なりとも制限されるとも言えますが オイルフィニッシュでは制限が減少しますので、音質面では向上が期待 されます。

 

D

植物性天然油を使用しているので、シェラックと同様に楽器や 人体に悪影響はほとんどありません。毒性もほとんどないので、安全・安心な塗装法と言えます。

 

E

塗りの技術はラッカーやシェラック等と比較すると簡単です。但し木材 へのオイルの浸透を最少限に抑えるため、塗布後はす早くふき取る 必要があります。ベタベタに塗ったまま放置すると、必要以上にオイルが 木材に浸透し、オイルが完全に乾くまでにかなりの時間を要し、音にも 悪影響が出ます。

 

F

塗り重ねが基本で、仕上がり具合をゆっくりと経過・観察できます。 シェラックによるタンポ塗りと同様、一回一回塗る毎に少しづづ仕上がり が変わってゆきます。1日に朝と晩の2回塗るのを基本にしている製作家も いらっしゃいます。

 

G

ラッカーのような危険物対策が不要で安全・安心。特殊な設備も不要です。 一部シンナーを使う場合もありますが、ラッカーの場合の吹き付けよりは 僅かな影響で済みます。スプレーガンによる吹き付けは部屋中がラッカー の臭いで充満します。

 

H

マホガニー、ウオールナット、コア、ローズウッドなどの色の濃い又は赤系の 広葉樹には木目が強調され外観に高級感が出ます。オイルの性質により、 広葉樹に塗装した場合は木目が深まり強調される傾向があります。この 特徴はラッカーやシェラックよりも顕著と思われます。

 

I

スプルースなどの針葉樹・白木系の場合は「黄変」があり、色合いの好みが 分かれます。木目の「白さ」を重視したい方は、白木系の木材にオイルを 使用するのは不適かもしれません。スプルース等にオイルを塗ると黄色が 目立ってきて多少油っぽい感じになります。トラディショナルな風合いを好む 人には良いかもしれません。

 

J

塗膜がない分、「外部の保護」という点からはラッカーやシェラックよりも弱く なります。「保護」を重視したい場合はオイルフィニッニュよりラッカーや シェラックを使った方が良いかもしれません。但し、塗膜のある塗装でもキズ が塗面に付くことは避けられません。塗膜にキズが付くか、木材にキズが付くかの違いをどう考えるかということになります。結局はどちらであっても キズ等が付くことには変わりないと考えれば、大きな欠点とは言えないかも しれません。

 

K

亜麻仁油が深く木材に浸透し過ぎると乾燥が困難になる場合があり、音質にも 影響するので注意が必要です。塗ったままべとべと状態での放置は絶対に 避け、す早くふき取ります。浸透し過ぎた亜麻仁油の乾燥はとても遅く、完全に 乾くまでは、サウンドはシャープさ、クリアーさを失います。モコモコして 曇った音になりますので注意が必要です。

 

L

広葉樹で導管がある場合、目止めをするかしないかは好みの問題となります。 目止めをすると表面に油脂膜が付いたような仕上がりになり、油特有の テカテカ感が強調されてきます。目止めをしなければ、オイルフィニッシュ本来の 木材内部に向かって深みが増し、テカテカ感は抑えられます。どちらもそれなりの趣きがありますので、一度試されるのが良いと思います。

 

M

生地調整は妥協を許さずにきっちりやることが重要です。塗膜がないので その分表面のごまかしが利きません。ギターを組み立てる前にそれぞれの板を スクレーパーで研磨し、組み立ててからは100番くらいから番手を1つづつ上げて 280番までじっくりとサンディングし、さらに無水アルコール等で表面を滑らかに します。塗装中も必要に応じてサンディングし、ケバを抑えるためにスチールウール 等で軽くサンディングします。

 

N

音については亜麻仁油が浸透し過ぎるとシャープさが欠け、曇ったサウンドに なります。オイルは少量づつ使用し、塗ったらすぐに拭き取ることが重要です。 楽器としてのオイルフィニッシュはオイルの浸透を最小限に止めることが最大の ポイントと言えます。乾燥後は特に低音が強調され深い低音が出るようになり ます。これはこの塗装の音響的特長と言えます。

 

 

 

 

 

 

HOME << アコースティックギター製作倶楽部 << 塗装する ( オイル塗装 )

 

 

ネックリセットナット交換サドル交換ネック反りキズ補修剥がれ補修

 

インレイネックリシェイプ塗装ブリッジ剥がれブリッジ交換フレット交換フレットすり合せピックガード交換

 

 

塗装トラブルと対策  木材の基礎知識  木工塗装Q&A 

アコースティックギター製作倶楽部

 

 

アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues" 

tel : 0575-33-0838  mail : top@guitar--parts.net
Copyrights 2017 株式会社レミユ all rights reserved  

当サイトに掲載の内容を無断で使用することを禁止します

 

アコースティックギター@parts !アコースティックギターリペア工房 "WoodyBlues"マーチンギターの歴史

 

お問い合せ
フォーム